スペルガの丘

スペルガの丘

ミラノからトリノへ向かう途中。高速道路のサービスエリアからスペルガの悲劇が起こったスペルガの丘が見えます。

スペルガの悲劇

スペルガの悲劇とは

1949年5月4日、イタリア・トリノ郊外の丘陵地、通称「スペルガの丘」で起きた航空機墜落事故のこと。乗員・乗客31名全員が死亡し、この中にはイタリアのプロサッカークラブ、ACトリノの選手18名と監督以下スタッフ5名が含まれていました。

背景・概要

当時のACトリノはイタリアのトップリーグ、セリエAの強豪クラブとして名を馳せ、ファンからは "Grande Torino" (偉大なるトリノ)と称えられていました。1948年から始まったシーズンもエースのヴァレンティーノ・マッツォーラを中心に好調を維持し、リーグ5連覇も目の前という状況。

1949年5月4日、クラブ一行はポルトガル・リスボンで行なわれたベンフィカとの親善試合を終え、アリタリア航空のフィアットG.212型機(3発レシプロ機、機体記号I-ELCE)でトリノへの帰路に就く。
この時トリノ周辺の天候は激しい雷雨で、視界不良の状態。ACトリノの面々を乗せた飛行機はコントロールを誤り、トリノ郊外にある丘陵地の上に建つスペルガ聖堂の外壁に激突し大破しました。事故機で原型をとどめていたのは尾翼附近だけ。この事故でマッツォーラを含むACトリノの選手18名と、監督・コーチおよびクラブのフロントら5名、そして乗員ほか8名の計31名全員が死亡した。

Copyright (C) 2003 サッカーを中心に回るイタリア旅行ミラノの旅. All Rights Reserved.